www.whgbc.net

金融業界の就職事情について

金融業界の就職事情について

昨今、日本の金融業界の就職事情が以前と比べて変化してきています。

 

金融業界の中でも消費者金融や銀行系カードローン会社といったいわゆる「ノンバンク系金融機関」への就職希望者が増えているのです。

 

消費者金融やカードローン会社には以前はそれほど就職希望者が集まりませんでした。
ですので消費者金融やカードローン会社に大卒の人材が就職を希望するという事がとても珍しかったのです。
しかし、20年近く続く日本の不景気とデフレの影響により、消費者金融や銀行系カードローン会社などのノンバンク系金融会社に就職を希望する大卒の人材がとても増えてきているのです。
こちらに情報が載っています→日本政策金融公庫に書いてます。

 

ノンバンク系には以前では考えることすら出来なかった国立大学出身の学生も就職を希望するケースが出てきました。
以前であれば国立大学を卒業した学生が消費者金融などに就職するという事は大変に珍しかったのですが、就職難で仕方なくノンバンク系の消費者金融や銀行系カードローン会社に就職する学生が増えているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ